バナー

リフォームのメリットとデメリット

建物自体の傾斜がひどい、雨漏りが何箇所もある、水廻りの床が抜けている、建物自体は持ちそうでも間取りが現在の生活パターンに合わずに使いづらい、設備が古いなど様々な理由によりリフォームをするか悩む人がいます。


リフォームのメリットは、愛着のある建物を壊さずに手入れすることができます。

千葉のリフォーム情報を見つけましょう。

建替えと比べると工事期間が短くて済み、総予算も低額に抑えることが可能になります。


現在の予算に合わせてリフォームの内容を選択することができるため、予算次第では内外装を新築同様にすることができます。


また、仮住まいに引越しせずとも工事できることが多く、不動産取得税や固定資産税などの各種税金も軽減することができます。

NAVERまとめについて親身になってアドバイスいたします。

デメリットは、既存の建物の構造によっては、柱などを動かすことができないため、間取りなど自由に変更できないことがあります。
基礎や柱、梁などの主要構造をそのままにした場合には、家の強度に不安が残ることがあります。

構造補強を行うことも可能ですが、その場合は、新築よりも高額になるケースがあるため、注意が必要です。



リフォームを行う場合には、現在の環境や将来のライフプランを一度整理してから選択することで、リスクを軽減することができます。

終の棲家か決まっていない人や将来のライフプランを考えた場合に予算を低額に抑えたい人、将来売却したり、賃貸にしたりする可能性がある場合には、建替えよりもリフォームの方がメリットが多くなると言われています。